国土を守る。地域を守る。
TOP < 採用情報 < 社員紹介 < 土田 智

社員紹介

  • 社員インタビュー
  • 土田 智
    Satoshi Tsuchida
東京支社 リスクマネジメントグループ(入社4年目)
出身大学 熊本大学大学院 自然科学研究科 社会環境工学専攻 博士前期課程修了
入社しようと決めた理由を教えてください。
大学時代は橋梁の耐震性について研究し、研究を進める内に、多くの知らないことに気づかされました。新しい技術が反映されていく構造物についてもっと知りたいという欲求にかられ、将来はコンサルタント関係の会社に勤めたいと思っておりました。そんな中で、橋梁の設計やモニタリングシステムなどの独自の開発を行っている当社のことを知り、自分もその中で活躍したいと思い、入社しようと決めました。
現在の業務内容について教えてください。
入社1年目からさまざまな業務に携わっていますが、現在は鉄道の設計関係の業務に携わっています。以前携わっていた道路橋とは考え方が異なるため、今は必死に示方書を読みながら勉強しております。いつか発注者に納得いただけるような提案をできるようになりたいです。
どんな時にやりがいを感じますか?
また、これまでの仕事で印象に残った出来事やエピソードを教えてください。
真冬の夜間の計測を行ったことです。ある橋梁の変位を計測するため、東北の現場に行きましたが、計測車両が真夜中の1回しか通過しないため、まさに一発勝負でした。また時期が冬だったため、雪が降り積もる中、計測がずれていないか何度も確認しながら、その計測車両が通るのをずっと待ってました。計測車両が通り、無事にデータが取れているのを確認した時は、心からほっとしました。その後、実測のデータと解析による検討から、その橋梁の変位が問題ないことを発注者に伝え、納得していただいたときは、本当にやってよかったと思いました。
今後の目標を教えてください。
「設計のことならこの人」と言われるになりたいです。会社の中でも、橋梁の維持管理に詳しい人、設計に詳しい人など、専門性を持った人がたくさんいらっしゃいます。業務を進めていく中で、問題にぶつかった際に「この分野ならこの人に聞けば大丈夫」と思われるような技術者になりたいです。 
ご自身の就活を振り返ってのアドバイスやメッセージをお願いします。
自分が中心となって周囲の人をどんどん巻き込んでください。私の場合、就職活動では、面接の練習を友達と一緒にやっていましたが、自分では気づかない癖や受け答えの良い方法を友達から学ぶことができました。自分の周囲の人たちに手伝ってもらったり、話をするだけでもきっといいヒントをくれると思います。