国土を守る。地域を守る。
TOP < 採用情報 < 社員紹介 < 松本 隼宜

社員紹介

  • 社員インタビュー
  • 松本 隼宜
    Junki Matsumoto
中四国支社 地域・交通計画グループ(入社2年目)
出身大学 宇都宮大学大学院 地球環境デザイン学専攻修了
入社しようと決めた理由を教えてください。
大学では、交通工学を専攻していましたので、学生時代に得た知識や経験を仕事に活かしたい考え、建設コンサルタントに絞って就職活動をしていました。特に、福山コンサルタントは、業界の中でも交通に特化した会社のため、自分のやりたい分野に関わることができると思い入社を決めました。
現在の業務内容について教えてください。
現在は、既往の統計データの収集・整理、パーソントリップ調査の基礎的分析、交通ビックデータの分析等、幅広い業務を経験させて頂いています。また、新規事業を提案する機会も与えて頂いており、若手社員がやりたいと思ったことを実践することのできる環境が整っている会社だと感じています。
どんな時にやりがいを感じますか?
また、これまでの仕事で印象に残った出来事やエピソードを教えてください。
苦労して作成した成果品が完成し、納品できた時の達成感は想像以上のものでした(2日ほど仕事に身が入らなくなります)。また、印象に残っていることは、入社直後に平成30年7月豪雨災害が発生し、通行止め箇所が多数残る現地での自動車交通量調査を担当したことです。その際に、建設業界が人の移動を支えていることを実感しました。
今後の目標を教えてください。
建設コンサルタントとして、最新のデータ存在や分析手法を把握しておく必要があると感じています。我が社には、プログラミングやビッグデータ分析、データの可視化などの手法に詳しい先輩方がおられるため、一日も早く先輩方に追いつけるよう技術力を身に付けることを目標としています。
休日の過ごし方や、趣味があれば教えてください。
休日は、街なかのカフェなどでネットサーフィンをして過ごしています。おしゃれな空間に身を置くと、気分がリフレッシュでき、仕事のアイディアも浮かんでくるのでオススメです。
ご自身の就活を振り返ってのアドバイスやメッセージをお願いします。
就職後は、一日のほとんどの時間を職場で過ごすため、自分の好きな分野を職場の見学やインターンシップを通じて見極めることが重要だと思います。得意な分野でなくても、好きな仕事であれば多くのことを学ぶことができ、自分自身も成長できると思います。ご縁がありましたら、一緒に建設コンサルタント業界を盛り上げましょう。