国土を守る。地域を守る。
TOP < 会社概要 < 建設コンサルタントと当社の事業

建設コンサルタントと当社の事業

建設コンサルタントとは

自然環境と調和した、安全・安心で豊かな社会づくりを担う技術者集団です。

人々の暮らしや経済活動などの根幹ともいえる橋や道路…それらの社会資本を円滑かつ効率的に整備するため、建設コンサルタントは事業者(国や地方自治体など)の良き技術的パートナーとしての役割を担っています。
近年、事業執行にあたって、事業者は国民とのコミュニケーションや説明責任を十分に果たすことが求められています。このため、建設コンサルタントはこの役割に加えて、社会的合意形成や事業執行のマネジメントを事業者に代わって担当し、あるいは第三者の立場で設計審査や施工監理を実施する役割を担うことが必要になると思われます。
中立性・独立性を堅持しつつ、最新の技術を駆使する専門的な技術者集団として、社会資本整備の事業執行に適切に参画してまいります。

具体的には、道路、鉄道、空港、港湾、河川、下水道など一体化した安全で安心な国土づくりを次世代に向けて実践していくとともに、東北の被災地の復興支援やこれから起こりうる大規模災害への防災対策、そして老朽化した社会資本の整備を進めることが必要です。また、これらの技術は国内にとどまることなく、地球規模での生活水準の向上や環境保全など国際的に活かしていくことが求められています。建設コンサルタントの業務内容は多岐にわたり、未来を見据えたロマンに満ち溢れた仕事です。

当社の事業

当社は、交通、地域、環境、リスク・ストック・建設事業マネジメント等に関わる
社会資本整備を核とした総合コンサルタントです。

当社は、工学博士13名、技術士(建設コンサルタント事業を遂行できる国家資格)192名を擁する、道路・交通分野の売上高では業界6位(建設コンサルタント登録事業者数約4,000社中)の専門コンサルタントです。

事業拠点として、福岡、北九州、広島、東京、仙台の5箇所に配置するとともに、全国31都道府県に営業展開しています。国や地方公共団体、民間等を主な顧客として、高速道路・新幹線設計など国家レベルの大規模プロジェクト対応から、都市計画など地域密着型のきめ細やかなコンサルティングサービスまで、社会資本の調査、計画、設計、検査までをワンストップで対応しています。